花粉症鍼治療
について

花粉症の鍼治療とは、自然治癒力を引き出し、体の内側からバランスを整え回復する治療法です。鍼の治療効果についてはWHO (世界保健機構)にも認められています。

整体 メインイメージ

花粉症の症状の改善について

花粉症の対処法として、症状の改善を目的に治療を行います。
花粉が飛ぶ時期に最もつらい症状のくしゃみ、鼻水、鼻づまりを日常生活に支障のないぐらいに
改善していくことを目指します。 鍼にはこれらの症状をおさえるツボがあり、
刺激することで症状を緩和していきます。

鍼治療による花粉症治療の優れている点について

ごあいさつ

鍼の治療は、外科に限らず幅広い効果があり、 WHO(国連世界保健機関)でも認められています。 鍼には体に害を及ぼす様な副作用がない為、どなたでも安全に治療を受けて頂くことができます。 現在鍼治療を希望される方の多くは、「薬が合わない」「薬を飲んでいるが症状が取りきれない」 「他にも治したい症状があるのであわせて鍼治療をしている」といった方が多くいらっしゃいます。 妊娠中の方や眠気を催す抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤が使いにくい方には、 鍼で体質を改善しながら症状を抑えていくことができます。

タケダ整体院花粉症鍼治療プランについて

ごあいさつ

初診時には治療法の説明や治療プランなどを事前に説明させて頂きます。
症状の軽減には、週一回程度で10回ぐらいの治療回数が必要となります。
症状軽減、治療日数には個人差がございます。
花粉症のシーズンが始まる3~4週間前に治療を開始するとより効果的ですが
症状が出てからの治療開始もお受けいたします。

よくあるご質問

Q1. 鍼治療は痛いですか?

A.注射針をイメージされる方が多いですが、鍼治療で使用される鍼は、髪の毛ほどの細さです。
注射のように皮膚に感じる鍼の痛さはありませんが、体の状態が悪いところはひびくような感じがします。

Q2. 鍼は、痛くありませんか?どの体の部分を治療しますか?

通常の鍼より極細い特性のはりを使用しますので、ほとんど痛み、違和感はございません。
免疫力向上のために頭、手、足に数箇所と顔の頬のあたりです

Q3. 鍼での感染の心配はありませんか?

A.タケダ整体院では、ディスポーサル鍼(使い捨て鍼)を使用していますので安心です。
また、使用済み鍼は、医療廃棄物として、専門業者に依頼し適切に処分しております。

Q4. どれくらいで症状が軽減しますか?

A.個人差がございますが、数回で症状の軽減を感じていただける方がほとんどです。
スパッと症状が軽減するというより、治療回数を重ねるごとに症状が軽減している時間、日数が長くなっていきます。(週一回程度で数~10回ぐらいの治療回数が必要となります。)

Q5. 花粉症の治療をするようになってから、眼精疲労の軽減や肌のはりがでてきましたが、関係ありますか?

A.関係あります。眼や肌にも関係している箇所にはり治療をしていますので、花粉症以外にも効果がみられる方もいらっしゃいます

Q6. 花粉症の症状がでてしまっていますが、治療の時期には適していませんか?

A.症状がはじまってからでも大丈夫です

Q7. 花粉症治療のみ受けることは可能ですか?

A.可能です。予約の際にお申し付けください。
ご不明な点がございましたら、お気軽お問い合わせください
タケダ整体院 お問い合わせ電話番号 (0587)56-2876

花粉症治療について
お客様の声

一晩でごみ箱いっぱいになっていた鼻をかんだテッシュが、治療2回目で半分に減りました。

夜中に何度も鼻がつまり、目を覚まし睡眠不足になっていましたが、ゆっくり眠れるようになりました。

くしゃみが出始めると10回くらい連続でとまらなく、周りからひんしゅくをかっていましたが、2回目の治療からほどんど気にならなくなり、周りの人からどうしたの?と聞かれるぐらいになりました。

1日1箱テッシュを使用していましたが、治療の回数を重ねるごとに軽減し、4回目で気にならなくなりました

仕事に支障をきたすため、薬を服用していました。薬の副作用による眠気、だるさに悩まされていましたが、薬を飲まなくても気にならないほど症状が軽くなりました。

外出が億劫になる憂鬱な毎日でした。以前なら庭仕事をするとその夜は、眠れないぐらい症状がひどくなりましたが、5回目ぐらいから庭仕事をしても症状はひどくならず、症状がぶりかえすこともありませんでした。